カラコン DIA

DIAって何?

カラコンを使用する上で知っておかなければならないカラコン用語の一つとしてDIAがあるのですが、このDIAがどういうものなのか?と言いますと、コンタクトの直径を表した数値のことで、mmなどで表記がされます。
よくカラコンの購入をする際に14mmなどと表記がされているものを見つけることがあると思うのですが、その単位のことを言い表している言葉のことですね。

 

 

色が着いているところの直径のことではなくて、透明のところのレンズ自体の直径のことですので間違えて覚えないようにしてくださいね。
例えば、DIAが14.6mmで着色直径が15mmというものをよく見かけますが、
どちらが重要なのか?というような疑問符を浮かべていらっしゃる人は多いのですが、
着色直径というものは、コンタクトレンズを円とした場合の直径のことを
言い表している言葉ですので、DIAと着色直径は全く別物ですので、
同じものとして考えないようにしてください。

 

そして、デカ目効果を引き出したい!とお考えの場合であれば、着色直径が多いものを
選ぶようにするのが良いみたいで、この着色直径が多ければ多いほど、デカ目に盛ることが
できるということを覚えておいてほしいと思います。

 

ギャルカラコンのように好きなだけ激盛りするというようなタイプのカラコンも、
この着色直径が多いものが多く販売されているはずですし、
派手めのカラコンを使いたいというような場合には、この着色直径の多いものを
優先して選ぶようにすると良いのではないでしょうか?
DIAは大きければ大きいほどにデカ目効果を引き出すことが
できるというようなものではないので、着色直径と同じようにして考えないように
気を付けましょう。 DIAはあくまでも、レンズを潰さない状態の両端を結んだ長さを
意味しているわけですので、デカ目効果を引き出すことができるのかどうか?というような
部分には直結していないのです。

 

DIAは、人の黒目の大きさよりも少し大きいのが一般的で、
少し大きいくらいのものが使いやすいとされているみたいですよ。
ちなみに、自分の瞳に合っているDIAのサイズが分からないというような
カラコン初心者の方などであれば、カラコンを使用する前にまずは眼科に行って
自分のDIAのサイズを調べてもらうのが先決ですので、自分の判断だけで選んで
購入をしないようにしてくださいね。